最後に東京で家具をオーダーした後に気をつけたいことなどの紹介

最後に東京で家具をオーダーした後に気をつけたいことなどの紹介

既製品の家具は、万人受けするように作られていますので、可もなく不可もなくという感じの仕上がりになります。しかし、自分の家に置いた時にしっくりくるかといえばそうではない場合が多いです。高さがもう少し高ければ、とか引き出しがもう少し多ければとか、サイズがもう少し大きければ使いやすいのにと感じる人もいます。毎日使うものですし、目にするものですが、少しの不満を抱きながら生活するのであれば、思い切って自分の理想とするようなものをオーダーしてしまうのも1つの手です。東京ではこのように自分の好みに合わせて注文が出せるショップや工房がたくさんあります。既製品で満足できない方は一度検討してみても良いのではないでしょうか。お値段は既製品よりは張りますが、満足度が高いものができるでしょう。

東京でのオーダー家具はすぐに手元に来ないが待つ価値がある

既製品と注文生産の違うところといえば、既製品は思い立った時にすぐに購入して手元にもすぐ来ることです。ですが、注文生産の場合は製作する前に念入りに打ち合わせをする必要がありますし、実際にお願いしてから出来上がるまでに時間がかかります。そのため、今すぐに欲しいという時間的な制約がある方にとっては、注文生産は難しい選択肢の1つかもしれません。しかし、待てば待っただけの甲斐があるのも注文生産ならではといえます。設計から自分の希望を伝えられますし、デザインなども好みを伝えることができるので、思い描いていたものが出来上がった時の喜びは既製品を購入した時には味わえないでしょう。既製品に比べて費用は高くなりますが、こだわりポイントがある方には注文生産はおすすめの方法です。

東京で家具をオーダーする時の注意点

注文生産というのは、顧客の好みに合わせてデザイナーさんがデザインしてくれるわけですから、世界に1つしかないものが仕上がります。そのため、注文してから取り消しというのは基本的にできません。その点に注意して注文を行うことが大切です。また、予算はあらかじめ決まっていることが多いでしょうから、きちんとデザイナーさんにそれを伝える必要があります。もし予算オーバーしてしまうと、結果的に購入が難しくなる場合もあります。予算がオーバーしてしまった時は、素材にこだわりたいのか、デザインにこだわりたいのか、自分のこだわりポイントの中でより重視したい方を取るようにします。どうしても素材、デザインともに重視したいということであれば、他の業者さんを当たってみて見積もりを出してもらうというのも1つの方法です。