東京で家具をオーダーメイドする際に気をつけたいポイント

東京で家具をオーダーメイドする際に気をつけたいポイント

こだわりを持ったライフスタイルを求める場合に、オーダーによる家具は魅力的なアイテムの1つになります。現在、手軽に依頼できるところも増えてきており、特に東京には数多く存在します。依頼先としては、大きく、家具店と工房の2つがあり、作業工程など、より作り手に接することができるものとしては工房が該当します。また、地方には独特の個性を持つ工房もあり、東京からオーダーをすることもできます。依頼をする際にはポイントを押さえておく必要があり、内容としては、コンセプトを決めておくこと、依頼先の選定があります。ポイントには予算、納期、設置方法など様々な要素がありますが、これらの内容は打合せ段階で徐々に詰めていくことができ、まずは、どのようなものを希望し、依頼先が適しているかどうか見極めることが重要になります。

重要になるコンセプトの伝え方について

オーダーをする場合には、まず、打合せから入ることになります。この場合、重要なポイントとしては、どのようなものを希望するのか明確に相手側に伝えることがあり、事前に、職人が具現化できる内容を用意しておく必要があります。ここでは、必ずしも具体的でなくてもよく、できれば、箇条書き等でまとめておくことがベストな方法になります。業者は、その内容をもとに提案をすることになり、素材等の確定はその後の作業となります。コンセプトの伝え方には様々な方法が用いられています。現在はメールやFAXも多用されており、業者によっては画像等で提案をしてくれるケースもあります。ここでの注意点は、できるだけ工房を訪れて打合せを進めることがあり、その点、東京の場合は店舗が多いことから訪問しやすい面があります。一方、地方の工房の場合には難しくなり、依頼をする場合には訪問が可能なのか検討をした上で判断をする必要があります。

依頼先を選定する際のポイントについて

家具のオーダーでは、依頼先によって得意分野が異なることを理解しておく必要があります。家具店の場合には複数ラインがあるものの、工房の場合にはそれぞれに得意分野があり、例えば、テーブルに高い技術を持つケース、椅子作成にノウハウがあるケースなど様々です。探し方としてはインターネットによる検索があり、十分に確認をした上で判断をすることが大切です。依頼では、図面作成、材種の決定をした上で正式見積りをするために、通常、相見積は用いられません。そのために、依頼先の選択はより重要な要素となります。ここでのポイントは、最初に予算を伝えておくことがあり、大まかな金額はインターネット等で調べることができます。また、材種1つで金額に差が生じることも多く、複数の材種で見積りを出してもらうことも1つの方法になります。依頼先の選択では、確認しておきたいものにアフターサービスがあります。必ず正式依頼前に確認をする必要があり、最低でも注文書を取り交わすことが大切になります。